BLOG

ブログ

★Vital バイタル/活力に満ちた★
不安要素の多い中だからこそ、それに打ち勝つような強い生命力や熱い情熱を感じさせる垢に注目したい。人種を違えど皆同じ血の色、ダイバーシティを体現するかのようなダークレッドを筆頭とした様々なレッドバリエーションに温かく豊かなホワイト、大地を思わせるダークブラウンをアクセントとした。

VALENTINO
レッドのワンピースは柔らかい素材を選ぶことで、女性らしく繊細な印象を与えることができる。
派手に見えがちなカラーも曲線のプリントや素材の選び方で印象が変わるのでたくさん試着して自分に似合うものを探すのがおすすめ。

HYKE
今期トレンドのリボンモチーフをボウタイで。
オールレッドでも、素材のしなやかさと少しグレイッシュなトーンでインパクトが強すぎないのがリアルクローズに取り入れやすい。

PAMEOPOSE
ブラック×レッドのエッジの効いたコーディネート。
コントラストのきいた配色でも、全体のトーンや使う色を絞ることで統一感が出る。

PATOU
高彩度で明るいレッドはスポーティにコーディネートするのが可愛い!
今期はオールレッドのワンカラーコーデがトレンドだが、肌見せバランスを調節してヘルシーに可愛く♡

CHANEL
定番のノーカラーツイードジャケットも今期はレッドで。
シャネルジャケットはショート丈が定番ではあるが、長め丈は骨格ナチュラルさんにもおすすめ。
今期トレンドのストラップシューズでクラシカルなコーディネートが完成。

Maison Kitune
チェック柄も今期のトレンドのひとつ。
スクールガール風のサイジングのジャケットに、着丈もプレーンなフレアスカートはスポーティにスニーカーで合わせるのが可愛い。

STELLA McCARTNEY
レッドを取り入れるのに勇気がいるという方にお勧めなのがこちらのようなマフラーやバッグの小物で取り入れるコーディネート。
ベーシックカラーのブラックとのコーディネートであれば、普段のお洋服のワンポイントとしてレッドを取り入れやすいのでは。

GIORGIO ARMANI PRIVÉ
ゴシック系のメイクとヘアスタイルに合わせたダークなブラックはクリスマスのオケージョンにもおすすめ。
レッドをクリーンなホワイトと合わせることで、重くなりすぎず女性らしく華やかな印象に。

記事一覧

Keiko Kitamura

学生時代よりアパレル業界に携わり卒業後はデザイナーズブランドに勤務。現在は都内ファッション専門学校で後進育成に努める一方、色彩理論を駆使したカラーアナリストとしても活動中。

VIEW MORE