BLOG

ブログ

★属性の特徴★
色相:イエローベース
明度:高〜中明度
彩度:高〜中彩度
清濁:清色

でも! ひとりひとりの特徴は
・より黄みよりが良い方
・明度が高い色が良い方
・彩度が高い色が良い方
・より清色よりが良い方
などさまざまです

アンダートーン(イエベ・ブルベ)を発表したのは1928年ロバートドアですが
その後1950年代にフォーシーズンカラーの理論が開発され
1980年代にキャロル・ジャクソンが「カラー・ミー・ビューティフル」を出版したことで
フォーシーズンの分類が有名になりました

しかしほとんどの人が4つの季節にきちんと当てはまるわけではありません
これらの問題を解決するために12シーズンのカラー分析へと発展してきました

★12タイプ★

BRIGHT SPRING
WARM SPRING
LIGHT SPRING


LIGHT SUMMER
COOL SUMMER
SOFT SUMMER


SOFT AUTUMN
WARM AUTUMN
DARK AUTUM


DARK WINTER
COOL WINTER
BRIGHT WINTER

Springはイエローベースの要素だけでなく明るく、鮮やかで、クリアな要素もあり
サブシーズンとして3つに分けることができます

★BRIGHT SPRING★
清色が得意でクリアな印象を持つタイプ
鮮やかではっきりとした色が得意だがイエローの暖かみがあるため柔らかさもある
<主要要素>清色(+高彩度) + イエローベース
<近似タイプ>Bright Winter
共通点:清色、高彩度

★WARM SPRING★
ベーシックなスプリングタイプ他の2タイプと比較すると黄み寄りで正統派のスプリングといえる
<主要要素>イエローベース + 清色
<近似タイプ>WARM AUTUMN
共通点:イエローベース

★LIGHT SPRING★
明度が高い色が似合うタイプ
12タイプの中で一番明るい色が得意でSummerのような抜け感がある
<主要要素>高明度 + イエローベース
<近似タイプ>Light Summer
共通点:高明度

どこかのグループに当てはめるのではなく属性を細かく分析することが大切!

シーズン分析はあくまでもどのタイプに近いかの参考程度に
自身の個性や特徴による属性を把握することがパーソナルカラーを使いこなすコツです

記事一覧

Keiko Kitamura

学生時代よりアパレル業界に携わり卒業後はデザイナーズブランドに勤務。現在は都内ファッション専門学校で後進育成に努める一方、色彩理論を駆使したカラーアナリストとしても活動中。

VIEW MORE